暑い猛暑日も正しい水分補給で乗り切る!【脱水症対策】

水 写真 健康
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

成人の体内の水分量について

成人の体重のおよそ60~65%が水分量となっています。

この体内の水分は栄養素代謝物の運搬
体温の調節など大切な役割を果たしてくれているのです。


しかし人は1日におよそ2.5Lの水分量が排出されています。

排出された量だけ水分を補給しないと、
脱水症熱中症の原因の一つとなってしまいます。


一定の水分量を保つためには、
意識的にしっかり水分補給をする必要があるのです。

1日最低1Lは摂取するべき?

人は1日の食事で平均1Lの水分を補給していると言われています。

先ほどの排出されている2.5Lに対して1Ⅼの摂取では
まだおよそ1.5Lの水分が足りていないことになります。


つまり、残りのおよそ1.5Lは水分補給によって摂取する必要があります

水分補給はできればお水を飲むことを推奨します。

例えばお茶やコーヒーなどはカフェインが含まれているため
多く摂取すると健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性が考えられます。

ジュースは糖分が多いため飲み過ぎることは推奨できません。


ただし、水分を取りすぎてしまうと
逆に水中毒といって内蔵に負担がかかり、
身体がだるくなったり消化不良を起こしたり
してしまうので適切な量を取るようにしましょう。

水分摂取のベストなタイミング

水分補給が大事だからと言って、
ただお水を飲めばいいと言うわけではありません。

一気にたくさん摂取するのではなく、
1回コップ1杯程度を6~8回に分けて摂取するのが適切だと考えられています。


また、水分補給するのにベストなタイミングがあります。

起床後すぐに飲む

朝、起床してすぐにコップ1杯分のお水を飲みましょう。

なぜなら人は寝ている間に皮膚や呼吸を通して多くの水分を失っています。

つまり起きた時には喉も体もカラカラになっているのです。

血液中のミネラル濃度も高くなっているためしっかり水分補給してください。

スポーツをしている時

前まではスポーツ時に水分を取ると
疲労感が増すと言われていましたが、
最近では逆に水分補給を推奨する声が増えています

当然のことながら、スポーツ時には大量の汗をかき、
水分ミネラル(ナトリウムなど)を多く失っています


このまま汗をかき続け、
体重のおよそ2%にあたる量の水分を失う
軽い脱水症状に陥り、動作反応の低下食欲喪失などの症状が現れてしまいます。

そうならないためにもスポーツ時にも
しっかり水分補給を怠らないようにしましょう。

入浴後

起床後と同様に、
入浴による発汗で水分が失われているので
入浴後の水分補給も欠かせません。

夜、寝る前

寝る前にお水を飲むことはあまりよくない
イメージもありますが、
寝ている間の血液中のミネラル濃度の上昇を
防ぐ
ために少量でいいので水分を補給しましょう。

水道水よりも飲料水がいい?

水道水をそのまま飲むことに抵抗がある人がいることかと思われます。

自分もその一人です。

いくら厳しい水準を設けて検査しているといわれても、
たまにカルキ臭がしたり、菌が全く含まれていないとは言い切れない
ことから水道水を飲むことを躊躇ってしまいます。

その点飲料水はカルキ臭がしたり、菌が入っている心配がないため
安心して飲むことができます。

なので水分補給用に家には常に飲料水をストックしています。

飲料水を常にストックしておく

飲料水は他の飲みものと比べて
比較的安価な値段で購入することができるため、
ネットでもお店でもいいので箱買いして
ストックしておくことをおすすめします。

ウォーターサーバーがあると便利

『お水をたくさん買いだめせずにいつでもお水を摂取したい!』
という方にはウォーターサーバーを設置することをおすすめします。


ウォーターサーバーがあればいちいちお水を買いに行く手間が省けるのに加えて
冷水・温水どちらでもすぐに飲むことができます。

今は本体レンタル料無料で、お水の値段だけでレンタルできる
ウォーターサーバーも多くあるのでぜひ興味のある方は検討してみてください!

皆さん暑い日々が続いていますが、
くれぐれも熱中症・脱水症にはご注意ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました