水分補給が大事!健康でいるために1日最低1Lは水を飲もう!

水 写真 商品レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

成人の体内の水分量について

成人の体重のおよそ60~65%が水分量となっています。

この体内の水分は栄養素代謝物の運搬体温の調節など大切な役割を果たしてくれているのです。


しかし人は1日におよそ2.5Lの水分量が排出されています。

人の身体は十分な量の水分がないと、脱水症熱中症の原因の一つとなってしまいます。


一定の水分量を保つためには、意識的にしっかり水分補給をする必要があるのです。

1日最低1Lは摂取するべき?

人は1日の食事で平均1Lの水分を補給しています。

これでは排出されている2.5Lに対しておよそ1.5Lの水分が足りていないことになります。


つまり、残りのおよそ1.5Lはお水を飲んで水分補給する必要があります。

できればお水を飲むことを推奨します。

例えばお茶やコーヒーなどはカフェインが含まれているため多く摂取すると健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

ジュースは言うまでもなく糖分が多いため飲み過ぎてはいけません。


ただし、水分を取りすぎてしまうと逆に水中毒といって内蔵に負担がかかり、身体がだるくなったり、消化不良を起こしたりしてしまうので適切な量を取るようにしましょう。

水分摂取のベストなタイミング

ただただお水を飲めばいいと言うわけではありません。

一気にたくさん摂取するのではなく、1回コップ1杯程度を6~8回に分けて摂取するのが適切だと考えられています。


さらに、水分摂取するのにベストなタイミングがあります。

~朝、起きてすぐ~

朝、起床してすぐにコップ1杯分のお水を飲みましょう。


人は寝ている間に皮膚や呼吸を通して多くの水分を失っています

つまり起きた時には喉も体もカラカラになっているのです。

血液中のミネラル濃度も高くなっているためしっかりお水を補給してください。

~スポーツ時~

前まではスポーツ時に水分を取ると疲労感が増すと言われていましたが、最近では逆に水分補給を推奨する声が増えています。

当然のことながら、スポーツ時には大量の汗をかき、水分・ミネラル(ナトリウムなど)を多く失っています


このまま汗をかき続け、体重のおよそ2%にあたる量の水分を失うと軽い脱水症状に陥り、動作反応の低下食欲喪失などの症状が現れてしまいます。

そうならないためにもスポーツ時にもしっかり水分補給を怠らないようにしましょう。

~入浴後~

入浴による発汗で水分が失われているので入浴後の水分補給も欠かせません。

~夜、寝る前に~

寝る前にお水を飲むことはあまりよくないイメージもありますが、寝ている間の血液中のミネラル濃度の上昇を防ぐために少量でいいので水分を補給しましょう。

田中みな実も1日3Lのお水を飲んでいる!?

多くのテレビ出演に加え、写真集も発売するなど男女問わず人気を集めているフリーアナウンサー“田中みな実さん”が先日テレビでこのようなことを言っていました。

“1日必ず3Lのお水を飲むようにしています。”

(とあるバラエティ番組での発言より)

1日3Lのお水を飲むことは容易ではありません。
むしろ少し摂取しすぎのようにも感じますが、実際に1か月続けたところ体の浮腫みが改善されたと田中みな実さんは言っていました。


人によって個人差はありますが、1日最低1Lは水分補給するといいと言えます。

~おすすめのお水~

お水といっても、硬度によって違いがあります。

日本人の口にあうのは硬度の低い軟水になります。

私が毎日摂取しているおすすめのお水はこちらになります↓

柔らかく、クセのない味わいなので美味しく飲めますよ!

ウォーターサーバーならいつでもお水が飲める!

『お水をたくさん買いだめせずにいつでもお水を摂取したい!』

という方にはウォーターサーバーを設置することをおすすめします。


ウォーターサーバーがあればいちいちお水を買いに行く手間が省けるのに加えて冷水・温水どちらでもすぐに飲むことができます。


おすすめのウォーターサーバーは『コスモウォーター』になります。
使い勝手の良さから、お部屋に合わせたシンプルなデザインまでおすすめポイントがたくさんあります。

詳しく知りたい方はこちらから

タイトルとURLをコピーしました