ブログを書いている人に読んで欲しい本|「アウトプット大全」

メモを取る 自己啓発
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

『アウトプット』とは?

皆さんは学生時代どのような勉強方法を取り入れていましたか?

教科書を読んで覚える人、何度もノートに書いて覚える人、
様々な勉強方法があったことと思います。

これらの勉強方法のほとんどが『アウトプット』と呼ばれる行動に値します。

『アウトプット』とは、
得た情報を外に出力すること
を指します。

つまり、
授業で得た情報を友達に話したり、ノートに書く、問題集を解く
ことは全て『アウトプット』していることになります。

反対に先生の話を聞いたり、教科書を読むことは
『インプット』と言います。

『アウトプット』を意識してブログを書く

アウトプットとは要するに行動に起こすことです。

では、ブログを書くこととアウトプットは
どうやって結びつけることができるのでしょうか?

もちろんブログを書くという行為はアウトプットになります。
しかしそれだけではありません。

1つの記事を書くにも、
順序立てて書くことで効率良く仕上げることができます。

ブログを書くまでの流れ

アウトプット大全では、
著者が実際に本を書くまでの流れを紹介しています。

これはブログにも重ねて考えることができます。

➀単語を書き出し、それらから連想できる単語をどんどん書き出す。
②出た単語をカテゴリー分けする。
➂カテゴリーから記事の構成を考える
④記事を書く

大体このような流れで進めていくと
スムーズにブログ作業を進めることができます。

日ごろからメモを取る習慣をつけておく

人は生活している中で、
様々な場面で情報をインプットする機会があります。

それはテレビを見る本を読むネットを見る
などどのような方法であっても貴重なインプットになります。

情報を得て「なるほど」と思った時に、
常にメモを取る習慣をつけおくと、
ブログを書く際に引用することができたり
知識の幅を広げることができます。

また、このメモを取ることも『書く』動作(アウトプット)であり、
脳にインプットされやすくなります。

情報は使わないと身につかない?

メモを取ったほうがいい理由は他にもあります。

人は得た情報をまず「海馬」という場所に仮保存をします。
この海馬に仮保存した情報はおよそ2~4週間ほどは保存されますが、
その間に情報を使用しなければ忘れてしまいます。

つまり、情報は見ただけではすぐに忘れてしまいます
しかし2週間で3回以上アウトプットすることで、
脳は必要な情報として「側頭葉」と言われる長期記憶に切り替えられます。

メモを取ることでアウトプットされ、
他にも家族や友人に話すことで情報は3回使用され、
長期保存されるという流れになります。

この作業を繰り返すことで知識は増え、
ブログやSNS運用に役立ちます。

ディベートの様子

1日のスケジュールを把握することも重要

ただダラダラとブログを書いていても何の生産性もありません。

そこで大切なのが1日のスケジュールを常に設定しておくことです。

例えば、前日寝る前に明日のTO DOリストを
作成する
だけでも作業の効率は全然変わってきます。

このTO DOリストを決めるときには必ず
具体的に決める(記事を1つ書く⇨○○の記事を仕上げる)
ことを意識して決めましょう。

<TO DOリストのメリット>
・一日のスケジュールをスムーズにこなせる
無駄な時間が生まれない(次にすることが決まっているから)

定期的に目標を掲げる

私も実践していますが、
月ごとの目標を掲げることで意識が上がり、
具体的なプランが立てやすくなります。

目標を立てる時には、
大きな目標ではなく目先の目標で考える
期限を設定する
具体的な数字を取り入れる
これは絶対に意識して目標を決めましょう。

ブログだけではない『アウトプット』の活用

今回はブログに着目してご紹介しましたが、
著書ではどの人に対しても当てはまる項目が多く記されています。

さらに、見出しごとにおよそ2ページほどの量
なのでスキマ時間で読めたり
自分が気になる項目だけを読むこともできました。

イラスト付きなので理解しやすく、
普段あまり本を読まない人でも手に取りやすい本となっています。

インプットとアウトプットを上手く繰り返して
自分の中の知識をどんどん肥やしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました