【美容】モチ肌になれる乳液を選ぼう

洗面台 スキンケア 商品レビュー
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

乳液がもたらす効果とは?


乳液とは化粧水をつけた後につけるのが一般的な使い方ですよね。
もちろんこの手順が正しいスキンケアになります。


では何のために乳液をつけるのでしょうか?

そもそも化粧水とはおよそ7~8割が水分でできています。
つまり化粧水をお肌に塗っただけでは水分がどんどん蒸発して、逆にお肌が乾燥してしまいます。


これを防ぐために油分が混じった乳液をつけてお肌にフタをする役割を担っています。


化粧水にばかり気を取られて、乳液をおざなりにしないように気を付けましょう。



スキンケアについて詳しく知りたいかたはこちらの記事もご覧ください↓

乳液を選ぶポイント


ではどこに注目して乳液を選べばよいのでしょうか?


乳液は化粧水とは違って油分が含まれているため、つけた時にお肌が多少なりともベタつきを感じます。

このべたつきがしっかりしている方がいいものであるように思われますが、実は一概にそうとは言えません。


お肌にべたつき感を感じさせなくても保湿力のあるものもあるため、べたつき感が苦手な方は無理せずべたつき感の少ないものを選びましょう。


長きにわたって使うものとなると使用感に妥協はしたくないですよね。


~ポイント~
・べたつきの少ないもの
・保湿力の高いもの

これらのポイントについて詳しく見ていきましょう。

~べたつきの少ないもの~


乳液のパッケージをみると“さっぱりタイプ” “しっとりタイプ”と表示されているのを見たことがありませんか?

これは一見、保湿成分の配合量が違うように思われますが、実はそうではありません。

名前の通り、つけた後の肌触りが違うだけで保湿力に大きな差はありません。


なのでべたつき感を嫌う方は“さっぱりタイプ”を、
べたつき感がないと安心しない方は“しっとりタイプ”を選ぶと良いかと思われます。

~保湿力の高いもの~


さて、みなさんは保湿成分とは何かご存知ですか?

主に、
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸
などがあげられます。



他にも様々な保湿成分がありますので、購入の決め手の一つして保湿成分を確認してみてもいいかもしれませんね。



ここでワンポイント!
化粧水を使うときなどは、乾燥を防ぐためにたくさん使う人も多いことかと思われますが、乳液はそうはいきません。

というのも乳液には油分が含まれているため、適量以上をつけてしまうとお肌のテカリや皮脂分が毛穴に詰まってしまう原因になってしまいます。

しっかり表示されている使用量を守ったスキンケアを行いましょう。

おすすめの乳液

~ミノン モイストチャージ ミルク~


ミノンの商品は、敏感肌や乾燥肌の人に寄り添うべく全てのスキンケア商品を弱酸性アルコール無添加としており、どんな方でも安心してお使いいただけます。


このモイストチャージ ミルクは、容器から出したときにはこってりとしたクリーム状で出てきます。

しかし、手のひらで馴染ませるとだんだんと柔らかくなっていき、伸びもいいためお肌に刺激を与えずにしっかり保湿されます。


柔らかい乳液はお肌までも柔らかくしてくれて、モチっとしたお肌へと導いてくれます。

~ソフィーナボーテ 高保湿乳液~


保湿成分の代表格でもある“セラミド”によって、長年乾燥で乱れていた角質層をやわらげ、長時間お肌の潤いをキープしてくれます。

“しっとり”“とてもしっとり”の2タイプありますが、どちらもこってりとしたクリームでべたつき感が残るので気になる方は他のものを選んだ方がよいかと思われます。


ただ、香りはフローラル系の心落ち着く香りでおすすめです!

~なめらか本舗 豆乳イソフラボン 乳液 NA~


色んな乳液を試しますが、結局この乳液に戻ってきてしまいます(笑)

なめらかな肌触りなのに朝までしっかり保湿してくれるのでお気に入りアイテムです。


イソフラボンお肌の内側まで潤いを届けてくれて、モチ肌を手に入れることができます。

また比較的リーズナブルな価格なのでお手軽に購入いただけます。

タイトルとURLをコピーしました