【2020年版】『日焼け止め』の選び方のポイントとおすすめ6選をご紹介!

日焼け止め 画像 商品レビュー
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

日焼け止めを選ぶポイント


ドラッグストアにて棚にずらーーーっと並ぶ日焼け止めを見て、「どれがいいの?」と思ったそこのあなた、安心してください。

日焼け止めにもそれぞれ異なった特徴があります。


選ぶ際のポイントさえ押さえておけば、悩むことなくあなたに合った日焼け止めを見つけることができます!

①焼けたくないならSPF・PA値に注目!


日焼け止めには必ず“SPF・PA値”が記載されています。

SPFとは紫外線B波(UV-B)の防止効果を示す値で、数値が高くなるほど日焼けして赤くなるまでの時間が長くなることを表します。


PAとは肌を黒くしたりツヤ・ハリ不足の原因になるとも言われる紫外線A波(UV-A)を防ぐための指標を表します。

+の数が多いほどその効果が期待されます。


SPF・PA値が高ければ高いほど日焼け防止できますが、その分肌への負担も大きくなりますのでご注意ください。

②汗で落ちない、けど簡単に落とせるものを選ぼう!


海やプールに行く際には、水で落ちないものを選ぶ必要があります。
夏場は特に汗に強いのも大切になります。

そこでチェックしてほしいのが『ウォータプルーフ』の記載があるかどうかです。



同時にチェックするのが“せっけんで落とせる”かどうかになります。


水には強くてもせっけん料などで簡単に落とせるものでないと、落とすときにゴシゴシと摩擦を与えてしまうことになるので注意してください!

海 日焼け止め
浜辺でしっかりUVケア

③肌触りにもこだわろう!


人によっては肌質などで合わないものがあるので日焼け止めのタイプごとの特徴も知っておきましょう↓

肌質や用途によって日焼け止めのタイプを使い分けよう


日焼け止めは5種類に分けることができます。

では、それぞれの特徴をご紹介していきます。

~ローションタイプ~


日焼け止めの中でも一般的なタイプで、メーカーによってはW/O(Water in Oil)と表記されることもあります。

油分水分が容器内で2層に分離しているのでご使用前はしっかり振ってから使いましょう。


さらっとした使用感なのにべたつかず、水にも強いのが特徴です。

~ジェルタイプ~


水分をベースとした日焼け止めなので、みずみずしくて最もべたつきを感じないといった特徴があります。

しかし他のタイプに比べて落ちやすいのが難点です。

~クリームタイプ~


クリームタイプは油分が多いため、しっとりとしたテクスチャーで乾燥肌の人におすすめとなります。

日焼けをガードしながらお肌の潤いをキープしてくれる優秀なアイテムです。

~エッセンスタイプ~


日焼け止めの中でも美容液保湿成分が含まれたものはこのエッセンスタイプに分類されます。

そのまま日焼け止めとして使うのはもちろん、化粧下地としても使えるので女性にはとくに便利なアイテムとなっています。


最近ではラベンダー色でお肌のトーンアップになるものも多く販売されています。

~スプレータイプ~


日焼け止めにはスプレータイプのモノもあります。

ただ、他のタイプに比べてムラになりやすいため、手の届きにくい箇所(背中や頭皮など)もしくは塗りなおし用として使うのがおすすめです!

おすすめの日焼け止めの比較表

商品ANESSASKIN AQUAALLIESUNCUTRa Loche-Posayドクターシーラボ
SPF・
PA値
SPF50+
PA++++
SPF50+
PA++++
SPF50+
PA++++
SPF50+
PA++++
SPF50
PA++++
SPF50+
PA++++
内容量・
価格
20ml
\1,200
80g
\1,000
90g
\2,100
80g
\968
75g
\2,750
60ml
¥3,850
石鹸オフ×
WP×
タイプミルククリームジェルエッセンススプレーミルク

~ANESSA パーフェクトUV スキンケアミルク~


ANESSAの日焼け止めと言えば、“少しお高い良いもの”といった印象がありますが、では具体的にどのような所が優れているのでしょうか?

実際に使用してみて感じたのは塗った後のお肌にベタつきを感じず、サラサラとした感触でした。

しかし陽射しを多く浴びたにも関わらずほとんど肌は焼けていませんでした。


また、紫外線による乾燥からお肌を守るため、保湿や美容成分が50%配合されているためより安心してお使いいただけます。
詳しい成分内容を知りたい方は公式サイトよりご覧ください↓
http://anessa.shiseido.co.jp/products/suncare/perfect_uv_sm/

~スキンアクア トーンアップUV エッセンス~


さて、こちらの日焼け止めは発売が開始されてすぐ売り切れが続出したほど人気商品の一つとなっています。

売り切れにつながったこの商品の魅力と言えばもちろん『優秀な化粧下地にもなる』という点です。

ラベンダー色のクリームのため、お肌に塗るとトーンアップ効果が見られ、さらには日焼け止め効果もばっちりなのでスキンケア後これ一本で下地の完成となるのです。

~ALLIE エクストラUV ジェルN~


ALLIEの日焼け止めはとにかく衣服などによるこすれに強く、日焼け止めを塗りなおす暇のない日にはおすすめとなっています。

この他にも、化粧下地にも使える“下地GEL”“ミルクタイプ”の3種類からお選びいただけますので用途にあった日焼け止めに出会えることでしょう。

~サンカット トーンアップUV エッセンス~


実はこちらの商品もラベンダーカラーの日焼け止めで、少しスキンアクアの日焼け止めと似ているようにも思われます。

異なる点を挙げるなら、こちらのほうが落ちにくい分、塗った後にべたつき感を感じます。


つまり、何度か塗りなおしてでもさらさらな付け心地を求める方には「スキンアクア」を、
多少のべたつき感を我慢してでも長時間効果を発揮してほしい方には「サンカット」がおすすめとなっています。

~ラロッシュポゼ アンテリオスUV プロテクションミスト~


こちらはミストタイプの日焼け止めとなるため、お肌はもちろんのこと、頭皮手の届きにくい場所用としてお使いいただけます。

さらに敏感肌用と記載されている通り、刺激が少なく敏感肌+乾燥肌の私でも肌荒れすることなく使用することができました。

~ドクターシーラボ UV&WHITE モイスチャーミルク50+~


この日焼け止めは肌触りが乳液に近く、しっとりお肌を包み込んでくれるような塗り心地となっています。

使ってみてびっくりしたのは、日焼け止めで初めて毛穴レス効果を実感することができました。

ここ最近、外出する際には必ずマスクをするため化粧崩れなどが気になっていたのですが、思い切ってこの日焼け止めの上からフェイスパウダーをのせるだけでもいいのかなと感じました。



日焼け止めでばっちり日焼け対策をして、ランニングを始めてみませんか?
興味のある方はこちらから↓


最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました