ファンデーションの種類と選び方を解説!

美容
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ファンデーションとは?


「ファンデーション」とはメイク下地の一種で、お肌の気になる部分をカバーしてキレイに見せてくれるコスメのことを指します。


特にお肌のシミ・そばかす・小じわ・毛穴・ほくろなどを覆い隠して肌の表面を均等に整える効果があるため、ファンデーションをすることで素肌美人を演出することができます。


お肌がキレイになることで、他のコスメも映えて全体の仕上がりが群とあがります。



メイクをしている人であればほとんどの人がファンデーションを使用していることでしょう。


そんなファンデーションにはどんな種類があるのでしょうか?

ファンデーションには種類がある


ファンデーションは大きく4種類に分けることができます。

・パウダーファンデーション
・リキッドファンデーション
・クリームファンデーション
・クッションファンデーション

それぞれ特徴が異なるので必ず知っておくべきです!

パウダーファンデーション


粉末を固めた固形状のファンデーションになります。


ほとんどのものがコンパクトケースに入っていることから、携帯しやすく外出時にメイク直しをすることができます。

一度つけるとヨレや崩れがあまりなく、他の種類のファンデーションに比べてお肌への負担も少ないのでメイク初心者はまずパウダーファンデーションから初めて見ると失敗しにくいかと思われます。


さらにパウダーファンデーションは汗やテカリを抑えてさらっとしたマットなお肌に仕上げてくれるため、“皮脂性肌”の人はこのタイプのファンデーションを使うことをおすすめします。


パウダーファンデーションの注意点は、カバー力が弱めなのでシミやそばかすを入念に消そうとすると厚塗りになってしまうので顔全体にほんのりのせるくらいにしましょう。

あと、少し乾燥が気になるので保湿が必須となります。

リキッドファンデーション


液体状のファンデーションの中でも水分と油分が多く含まれているものがリキッドファンデーションになります。


少し緩いテクスチャーで、乳液のような使い心地なので伸びが良く塗りやすいタイプとして支持されています。


水分と油分が多く入っているため保湿力が高く、乾燥肌の人におすすめです。

しっかりお肌に密着し、カバー力も期待できます。


しかし、ツヤ肌が苦手な人はパウダーと合わせて使うといいです。

塗りすぎるとヨレが目立ってしまうので少量ずつスポンジで伸ばして使いましょう。

クリームファンデーション


油分を多く含み、リキッドファンデーションよりもこってりとした固めのテクスチャーの液体のファンデーションのことをクリームファンデーションと言います。


保湿カバー力が群を抜いているため、長時間メイクを直すことができない日にはもってこいのファンデーションとなっています。



ただ他のファンデーションよりもより慎重に少量ずつ使わないと厚塗り感がすごいので気を付けましょう。

クッションファンデーション


こちらは容器の中に水分が多めのリキッドファンデーションが染み込んだクッションがあり、専用のパフに付けて使うファンデーションになります。


伸ばすというよりもパフで優しくたたき込むように塗るのがポイントです!


このクッションにはファンデーションと美容液も含まれているため、化粧下地を付ける手間が省けます。

下地やコンシーラーを付けるのが面倒、時短でメイクをしたいという方におすすめのファンデーションとなっています。


かなりツヤ肌になる傾向があるので、皮脂性肌の方はテカリが気になってしまうかもしれません。
そういった方は、上からパウダーをのせるか、マット肌に仕上がるタイプを選ぶようにしましょう。

肌質ごとのファンデーションの選び方


大体の人が
・皮脂性(オイリー)肌
・乾燥肌
・混合肌
に分類されると思います。


この肌質ごとに合ったファンデーションが異なるので自分の肌質に合っているものを選んでキレイな仕上がりを目指しましょう。

皮脂性(オイリー)肌の人のファンデーションの選び方


皮脂性の人は顔がテカリやすいべたべたするニキビができやすいといった特徴がみられます。


そのため油分を抑えてくれる『パウダーファンデーション』がおすすめです。


特にTゾーンだけにパウダーをのせるとキレイに仕上がります。

乾燥肌の人のファンデーションの選び方


乾燥肌の人はかゆみヒリヒリ感ハリがない粉ふきしやすいといった特徴がみられます。


保湿力のあるものを選んだほうがいいので、『リキッドファンデーション』がおすすめです。

混合肌の人のファンデーションの選び方


混合肌とは部位によって皮脂性と乾燥肌が合わさっている人になります。

そういった人は部位ごとにファンデーションを使い分ける必要があります。


例えば全体的には保湿力のあるリキッドファンデーションを使って、Tゾーンなどのテカリやすい部位にはパウダーファンデーションをのせるといった感じになります。


ちょっと手間が増えて面倒ではありますが、仕上がりをキレイにするためには止むを得ません。

仕上がりのタイプによるファンデーションの選び方


これはどういうことかと言うと、ナチュラルメイク派の人としっかりカバーメイク派の人など最終仕上がりのタイプにとってもファンデーションの選び方が異なってきます。

ナチュラルメイク派のファンデーションの選び方


ナチュラルメイク派の人はなるべく素肌に近い仕上がりにする必要があるので、厚塗り感の出ない『パウダーファンデーション』または『クッショファンデーション』がおすすめです。



また最近ではあえてファンデーションを使わないメイクも流行っているようです。

ファンデーションを塗らなければ肌への負担がぐっと減るので、現時点で肌トラブルがそこまで気にならないような方はノーファンでメイクに挑戦してみるのもありですね。

しっかりカバーメイク派のファンデーションの選び方


しっかりカバーメイク派の人は毛穴やくすみ、しわなどを隠したいといった方がほとんどだと思われますのでとみかくカバー力に優れている『クリームファンデーション』や『リキッドファンデーション』がおすすめです。


このようなファンデーションを使った日にはクレンジングを丁寧に行って肌に汚れが残らないように注意してください!

まとめ


ファンデーションにも種類・用途があるのでまずは自分のお肌の性質をよく知ることが大切です!


自分の肌に合ったファンデーションを選ぶことでメイクの仕上がりが変わってきます。

それぞれのお肌の性質ごとにより詳しく書いた記事のリンクを貼っていますので興味のある方はぜひ見てみてください。

タイトルとURLをコピーしました